中小企業に急速に普及中の
  こんなタイプの確定拠出年金をご存知ですか?
当事務所は一般社団法人確定拠出年金アドバイザリー協会との提携のもとで「選択制確定拠出年金」と呼ばれる、図のような制度を普及させております(引受金融機関(運営管理機関)は大手損保会社)
  


  メインテーマ
1 少人数企業でも導入できて、使い勝手の良い新しいタイプの確定拠出年金を普及させています
2 確定拠出年金の最大の懸案事項である投資教育を確実に解決します
厚生年金基金の廃止後の対策、企業年金・退職金制度の最適方法を一緒に考えます!
 iDeCo、積立てNISA向けライフプラン・マネープランセミナー

  著書の紹介
iDeCo、会社の確定拠出年金、積立NISA等、将来の年金不安に備えて毎月コツコツ積立てる投資方法は、世間で考えている“投資”とは考え方が全然違うのです。
相場が低迷して価格が下がっているほど好環境、逆に相場が高騰して世間が喜んでいる時は我慢の時なのです。
ですから、頑張って相場を読んでも意味がありません。放ったらかしが一番です。頑張る意味がないのですから堅実な自分年金作りなんて単純明快、誰にでもできる話です。
世間で常識と思われることが積立投資では次々逆の話になってしまいます。こうした検証が今迄あまりなされていませんでした。一緒に市場の中で確しかめ合ってみませんか。
本書は2018年4月に発売された「お金が増える!」の改装版です。       
「まえがき全文」はこちら
  お知らせ
▶2020年4月にホームページを全面改訂いたしました。

確定拠出年金の普及は一般社団法人確定拠出年金アドバイザリー協会と一体で行っておりますので、制度のご説明等は協会のホームページとリンクさせています。

▶選択制確定拠出年金の誤解や批判について、本当の姿をデータで検証します。

2019年に金融庁が発表した年金2000万円不足問題では日本中に衝撃が走りました。
選択制確定拠出年金の普及にも加速がついたようです。
会社が掛金を払えないケースでも会社の福利厚生制度として加入でき、社員も掛金に社会保険料、税金が掛からないため2万円掛けても、実質1.5万円の負担で済んでしまい、更に運用中も、支給時も税制優遇されますので、日本でこれ以上求めようのない優遇条件で自分年金作りができます。

しかし一方で、「事業主の社会保険料負担を大幅に軽減できます」等の出来もしない誇大PRがされたり、「時間外手当等で不利になる」、「将来の年金や社会保障で大きな不利になる」等の実務への認識不足や、データで検証もせずに思い込みによる批判が横行しているのも事実です。
そこで、(一社)確定拠出年金アドバイザリー協会のホームページで、従来の確定拠出年金、及び選択制確定拠出年金について世間で不信や不安を抱いている点について、データできちんと検証したものを公表しました。この手の検証は世間でほとんど行われていないはずですので、必ずお役に立つと確信しています。



細入事務所 細入 徹

〒146-0094
東京都大田区東矢口1-14-3

hoso@fa.mbn.or.jp
 


    このページのトップへ

copyright©2030 HOSOIRI JIMUSYO all rights reserved.